落語家 立川こしら え!珈琲気 [TCEC-GCP]

落語家 立川こしら え!珈琲気 [TCEC-GCP]

販売価格: 1,200円(税別)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

挽き方:
内容量:
数量:

 

落語家 立川こしら


落語家 立川こしら

落語家 立川こしら

1996年5月に立川志らくへ入門。前座名は「らく平」。
2002年5月に二つ目昇進を果たし、「こしら」と改名する。
立川志らく門下総領弟子として活躍する傍ら、インターネットコンテンツ制作や 映像製作などを手がける合同会社第プロを主催する。

2011年真打昇進内定。

毎月開催の独演会『こしらの集い』では、落語界初となる電子マネー『Edy』の導入や 「月刊こしら」の無料配布(バックナンバーは有料)を行っている。

 

 

 



私のマイコーヒー

 


落語家 立川こしら

     

中煎り
原産国: ガテマラ・コロンビア他

         落語家 立川こしら

こんにちは!立川こしらです。

僕にとってコーヒーとは、休憩時間を作るためのアイテムですね。特に一日中パソコンの前で仕事をしている時や、ゲームのバッテリーが切れた時などに気分を落ち着けるために飲んでいます!

僕は昔からコーラが大好きなのですが、27歳のある日のこと。喫茶店へ入った時に「男なんだから、いつまでもコーラではないゾ!もうちょっと大人の空気を出していかなければいけない!」と思い、いつものコーラフロートではなく、コーヒーとショートケーキのセットを頼んだのです。すると、ことのほかショートケーキにコーヒーが合うことを実感!! もう目からウロコでしたよ!それまで、あまりコーヒーを好んで飲んではいなかったのですが、このことをきっかけに飲むようになりましたね。そのおかげで、"カッコいい大人の男"を演出できるようになりました!でも、傍らにショートケーキがあるところがちょっと残念なんですけどね……(笑)

僕のコーヒー『え!珈琲気』は、ゴールを目前にしながら飲むシチュエーションをイメージして作りました。落語で言えば、真打昇進。ゲームで言えば、戦国の世で残り1国を統一すれば日本は全て自分の物になるというその前夜という気分ですね。ゴールしてから落ち着くよりも、『ウサギとカメ』のウサギのような余裕を感じながらも、目前に迫るゴールへ対する緊迫感を味わいながら飲めるコーヒーに仕上げました。

日ごろからお世話になっている「ラジオ日本」さんのブースの中で強引に試飲して出来上がったのが、ガテマラとコロンビアの程良い苦みとペルー香りが引き立つ上品な(?)味です。

皆さんも「ついにこの時がきたか〜、ここまで長かったな〜」と思いながら、たばこを燻らせたい時にぜひ飲んでみて下さい!

最新情報



落語家 立川こしら

出演情報
・立川こしらのロンドンジャンクション(FMやまと)
 毎週月曜19時〜19時30分
 http://fmyamato.co.jp/

・クボとこしらの人形町ひるすとり〜む!(CAFEST CH.)
 毎週水曜日午前10時〜11時
 http://www.ustream.tv/channel/cafestjp

・ツブヤ大学 RAKUGO
http://univ2289.jp/live/
落語家 立川こしら
・立川こしらと古原奈々の"こしらにフルな?!"(すまいるエフエム)
毎週金曜日深夜1時〜2時
http://fm767.net/fm/?p=4680


【出演実績】

● ラジオ出演
・平成立川ボーイズのオールナイトニッポン(ニッポン放送)
http://www.allnightnippon.com/annr/?id=4
・立川こしらのガッテン!こしらじお(ラジオ日本)
・立川こしらのこしら・える時間(ラジオ日本)
・梶田夕貴と立川こしらのトーク番長(FMひき)
・立川こしらと梶田夕貴の金曜マッカーサー(すときゃ!)
・こしらIN(すときゃ!)

 


Facebookコメント

 

オリジナルコーヒーを作ってみませんか?
さっそくマイコーヒーを作ってみる