歌手 桑江知子 海辺のCoffee

歌手 桑江知子 海辺のCoffee

販売価格: 1,200円(税別)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

挽き方:
内容量:
数量:

 



桑江知子

桑江知子

沖縄県沖縄市生まれ

福岡市育ち・B型・やぎ座・1月18日生

1979年「私のハートはストップモーション」でデビュー。

ラジオDJなど多方面で活躍。

2009年デビュー30周年記念マキシシングル「うんじゅぬ島」をリリース。好評発売中。

 

 

 

 

 

 

 

私のマイコーヒー


桑江知子

中煎り
原産国: ブラジル・コロンビア他

こんにちは桑江知子です。

私にとってコーヒーは1日の始まり。朝起きてすぐの「目覚めの一杯」がお約束。コーヒーの香りと温かさが身体をきりっと覚醒させてくれます。最近愛用しているのは本格的なドリップコーヒーが手軽に楽しめるドリップバッグ・タイプ。1日1杯、飲む直前に封を切りますからコーヒーはいつも新鮮ですし、封を開けた瞬間に漂ういい香りはドリップコーヒーならでは。慌ただしい朝にはとても便利で重宝しています。

私は沖縄出身です。東京に暮らす今も大好きで、年に何回か訪れています。沖縄といえば、なんといってもきれいな海。オフタイムは海を眺めながら午後のひとときゆったり過ごすことも多いです。そうなんです、そこでコーヒーを楽しんでみたいんです。

いつも飲んでいるモーニングコーヒーは、どちらかというと軽い風味でクセの少ないタイプですが、それとはまた違ったテイストがいいと思っています。スイーツと一緒に楽しむこともあるので、その甘さに負けない飲み応えがほしいですね。自分だけのマイコーヒーですから、じっくり試飲してベストなブレンド探し当てたいと思います。

そうそう、沖縄では最近、泡盛にコーヒーを入れて飲むのがちょっとしたブームになっているみたい。私も実際試したことありますが、泡盛がまろやかな味わいになって、とても飲みやすくなります。皆さんも挑戦してはいかがですか。あ、この話は今回の取材とはあまり関係ありませんね。(笑)

今回の試飲は、自分のコーヒーに対する嗜好を確認するのにとてもいい機会でした。当初は香りと厚みのあるコクを重視して、酸味を抑えめにしたブレンドを試してみたのですが、どうも違う。何杯か試すうちに、ある程度の酸味はあったほうが、香りが引き立つことがわかりました。

そのおかげで、口に含んだときにふわっと広がって香りが際立つ素晴らしいブレンドが完成しました。中煎りのブラジル、コロンビア、マンデリンを中心に自分好みにブレンドした「海辺のcoffee」の完成です。今まで私自身も気が付かなかったコーヒーの好みを見つけることができたのは、自分にとってとてもいい経験でした。

じつはね、沖縄の知念(沖縄南部の海岸が美しい風光明媚なエリア)に、私のイメージにぴったりのテラスがある海辺のレストランがあるんです。今度沖縄に行ったら、そのオーナーさんにこのコーヒーを勧めてみようかな。

 

 

マスターから一言:
はじめは、酸味が得意ではないとお話されていた桑江さんですが、いくつかの銘柄を試してみると、いい意味で酸味に敏感でした。軽めの中煎りで南米系とインドネシアの酸味をアクセントにブレンドし、すっきりとした味と南国のフルーティーな香りのいいものができあがりました。海辺のテラスでほんわかと癒される情景が目に浮かぶようです。

 

最新情報


Tomoko Kuwae Official Website
http://www.kuwae.cc/

桑江知子のチャンプルーダイアリー
http://blog.livedoor.jp/kuwakuwa1/

 

 

 

 

 

 

 

Facebookコメント

 

オリジナルコーヒーを作ってみませんか?
さっそくマイコーヒーを作ってみる